【霊園探しNAVI】~東京版~

home > 霊園情報 > 霊園を東京で探し出す方法を考える

霊園を東京で探し出す方法を考える

昔は墓地というと生前住んでいた近所の寺院や村の共同墓地などが一般的でしたが、近年の急激な人口増加などのため、郊外に公園墓地の造成が増え始めています。墓地は経営や管理者によって運営に違いがあるので、その特徴に応じて、どのような墓地を選ぶか考えます。
霊園・墓地は経営形態によって大きく3つに分けられます。公営墓地・民営霊園・寺院墓地です。次のようなことにも注意が必要です。宗旨・宗派、立地、価格、環境、設備、管理。お墓の場所を決めたとしても、そこに入れるかどうかの厳しい規定があります。これを守らないと返還を求められることもあります。使用者の資格・遺骨の制限・墓石の指定・墓地使用権の継承や譲渡などです。東京で探すならネット等でまず探すことも可能です。
また直接話を聞くなら、公営の場合は管理・運営が市区町村なので役場へ、民営なら財団法人や社団法人が運営していたり、民間が宗教法人から運営の委託を受けているのでそちらへ、寺院墓地は大抵はお寺の境内に、寺院が管理しているのでお寺へ確認してみると良いでしょう。


評判の高い霊園を東京で探してみよう

東京で生活をしている人は、自宅からお墓参りがしやすい立地の霊園を利用したい人が増えています。
お墓の継承者がいない人や、家族への負担を減らしたいと考えている人が増えているため、優良な所を選ぶと、費用もわかりやすく明瞭になっています。都市型や郊外型などがありますから、まずは資料請求をしてみたり、電話などで問い合わせをしてみると良いでしょう。都市型の場合は交通の便の良い立地にありますし、郊外型の場合は、自然環境も豊かになっており、バリアフリーなどの設備を導入している所も増えているので、高齢者もお墓参りがしやすくなっています。東京の霊園は、宗派を問わずに利用できるので、安心して利用できます。掃除道具やお墓参りに必要な物を揃えているので、荷物の量を減らすことができます。都心でお墓を購入すると高額になってしまうと悩んでいる人も、利用がしやすくなっています。


霊園を探す際に東京都内を選択する

今は菩提寺を持たない人が多いです。菩提寺の場合には法事に関してもお知らせを送ってくれるなど、細かい部分で対応をしてくれますし、個別に相談を受けてくれるということもあります。しかし菩提寺との繋がりがない人が多くなっていることにより、お墓を購入する時にどこを選んだらよいのか分からないという場合もあります。そんな時に便利なものが霊園です。草木もキチンと手入れをしてくれますし、常に管理をされているので、利用もしやすいということがあります。東京都内にもいくつかの霊園があります。
東京都内であれば交通のアクセスがよい、ということもあり、お墓参りの際にも便利になります。
最近ではお墓参りをしない人が増えているようですが、アクセスしやすくなればこまめに通ってくれるというメリットもあるので、購入を検討してみるのもよいでしょう。

カテゴリー