【霊園探しNAVI】~東京版~

home > 霊園情報 > お墓と霊園の違いを知っておきましょう

お墓と霊園の違いを知っておきましょう

 今、東京のような大都市圏では、保育園が足りないとか言われていますが、同じように足りないものに、お墓の存在があります。
 都内のお寺では、お墓が満杯と言う所が多く、新しい檀家さんも欲しいのですが、それが出来ないと言う状況にもなっていると言われます。
 そこには、お寺周辺の土地代が高く、買い進めることも出来ず、お墓を建てる場所がないと言う現状と言うことになります。
 そのため、お寺側の策として、納骨堂の建設を進める所も増えているのですが、今の所や焼け石に水と言った状態と言われます。
 お寺の檀家さんになることで、お墓を建てる権利がもらえることになっているのですが、その場所がないことから、檀家にもなれないと言うのが現実と言えるのでしょう。
 しかし、檀家になった以上は、寄付をしたり、お寺の修繕費を払うと言った経営にも参加することになります。
 そのことから、良い面など何もないと考える人もいるのですが、お寺の良さは、都心にあり交通の便が良いと言うことです。


 これに対し、人気になっているのが霊園と言われる所です。これはどこの寺院にも属さないことで、宗派に関係なく誰もが利用出来る墓地と言うことになります。
 この霊園と言われるものには、都道府県や市町村などの地方自治体が運営する公営の霊園と、公益法人とか宗教法人等が運営することになる民間の霊園が、存在しています。
 お寺の墓地と大きく違うことは、法事の時などは改めて僧侶の手配が必要になります。読経の依頼とか、場所の選定は、全て自身が行うことになります。
 ですから、三回忌とか七回忌と言った時も、お寺から連絡が来る訳ではなく、自身で把握しておく必要があると知っておきましょう。
 しかし、霊園には良い所もたくさんあります。基本的に宗派とか宗旨が不問と言うところも多く、家族の間で国籍とか宗教の違いがあっても特に問題が起きない良さがあります。


 また、霊園はお寺と違いは、その空気が辛気臭いない所です。公園のような作りになっている所が多く、その空気もお墓のように澱んでいる雰囲気にならないことです。
 家族揃ってピクニック気分で、お墓参りが出来る新しい感覚を身に付けることも出来ることも可能になっています。
 そして施設も十分な完備がされている所も多く、誰もが安心してお参り出来る環境になっているのが、霊園と言って良いでしょう。そのため、お墓と霊園では、大きな違いがあると考えられます。
 そして、同じ霊園でも民間の霊園と公営の霊園でも違いがあると知っておくと便利です。

カテゴリー